大学留学に必要な英語力

英語圏の大学留学をする際の悩みの1番は、英語力ではないでしょうか?

海外の大学に入れるほどの英語力、というとかなりハードルが高く聞こえますよね。

実際に、ある程度のレベルの英語力は必須になります。講義を聞いて理解するだけでなく、レポートを書いたり、リサーチをする場面が多いので、それを行えるほどの英語力が必要です。

入学出願時にはTOEFLやIELTSなど英語力を測るテストのスコアの提出を求められます。

最近では、大学によっては英検2級以上を入学資格条件として認めるところもあるそうです。

英語力が足りない場合、留学は不可能かというと、そういうわけではありません。

「条件付き入学」で合格内定を取ることができる場合もあります。

条件付き入学には2種類あり、合格した大学の付属集中英語コースで勉強するか、もしくは大学と提携している語学学校で学ぶかです。